京都きん家 インタビュー

江戸川区地域情報サイト パソコンで散歩in葛西・西葛西

京都きん家 インタビュー

パソコンで散歩in西葛西 > インタビュー > 京都きん家 インタビュー
京都きん家 インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加

西葛西で京都の食材を使った料理が食べられる、『京都きん家』のオーナーである金城さまにお話を伺いました。
お店のコンセプト、『食』に対する考え方などをお話戴きました。


私たち夫婦が京都出身ということもあり、お店の名前は『京都きん家』とつけました。
主に京都の旬の食材を使った料理と鉄板焼き、ねぎ焼き、お好み焼きをご提供してさせて頂いております。開店から今年で足掛け11年になります。


うちのお店はただのお好み焼き屋さんではありません。
その自信を持ってお勧めできる『新鮮で美味しくて、その季節の旬の食材』を京都から取り寄せ、東京の西葛西に居ながら食べられることが特徴です。


少しご紹介しますと、季節の京野菜や九条ねぎ、京都直送の豆腐ゆば、生ふなどを中心にお客様にお出ししています。
春は京都産の竹の子とわかめの若竹煮を、夏は満願寺とうがらしを焼き、加茂なすをポンズと田楽味噌でお召し上がりいただきます。また、7月限定で、はもおとしも提供しています。
秋は9月中旬から10月中旬限定で丹波の黒豆の枝豆(むらさきずきん)、冬は聖護院大根を京風だしで煮て食して戴きます。また、えびいもと赤こんにゃくを煮たものもお出ししております。
関西出身のお客様は『あ、やっぱり本場のものやな』と言ってくださいます。『京都風』ではなく『京都』のものだ、と言ってくださることが大変嬉しく励みになりますね。


きん家ではお客様に『いらっしゃいませ!』と心から元気よくご挨拶します。
色々なお店がある中で、わざわざきん家を選んでくださったのだから、一番最初のご挨拶はとにかく元気良く・・・まずお客様に元気になって戴きたいのです。
そして美味しいものを食べ、楽しんで、感動して戴いて『あぁ、美味しかった、ごちそうさま』と言って戴けるように努力しています。
そんなお客様から私たちは元気をもらい、また元気よくお客様をお迎えできるのです。


西葛西は東京駅からも近く立地条件が良いので、実は転勤族の方が結構いるんですよ。
お店の名前に『京都』とついているので立ち寄ってくださる方も多いですね。
そんなお客様同士が仲良くなり、常連さんとなって私たちとも仲良くしてくださる方もいます。
ここで名前は出しませんが、芸能界の方がいらっしゃったときも特に騒がしくなることもなく、お客様皆様が『自分たちみんなの店』と思ってアットホームに過ごせるようなお店になっていると思います。
きん家主催でボーリングをしたりゴルフをしたり屋形船を借りたりもしますが、とにかく笑顔が絶えないお店だな、お客様あってのきん家だな、とつくづく感謝しております。


なぜかきん家では悪い話があまり出ない。
いつも楽しい良い話が多いし、幸せな話、笑い声響く話がいつも聞こえます。
私たちはお客様のハッピーが嬉しいですし、そんな話を聞くとこちらもとても幸せになります。
ご結婚を報告してくれた常連さんのカップルも何組もいらっしゃいます。
こんなニュースに触れると私たちもとても嬉しいですし、そんなときはいつもお祝いさせて戴いています。


お客様に京都を味わって戴いていることもあり、『今度京都に行ってみたいな』と思ってくださる方も多いんですよ。
『京都に行ったら先ずどこに行ったらいい?』なんてご相談もされることもあります。これが結構多いご相談なんです。
それで京都に帰るたびに色々なお店をチェックしたりしています。せっかく行くならできるだけ楽しんできて欲しいですから。
家内とも、『京都市から観光大使か何かに表彰されてもええんちゃうか』、なんて冗談を言い合ったりしてます。
それくらいお客様がきん家の味と京都に興味を持って戴いているということなのでしょう。とても嬉しいことですね。


長いことお店をやっていて『ここ西葛西できん家をやっててよかった!』と思うことが本当に多いです。
実はもともと門前仲町で商売をしていまして、そこでお店を出そうと思っていたのですが、なかなか良い物件がなくて・・・。たまたま見つけた西葛西のテナントできん家をオープンしたのです。当初はそんなに西葛西に思い入れもなかったのですが、お客様はもちろん、うちで一生懸命働いてくれる従業員の皆にも恵まれ、今や西葛西でお店をオープンできたことに感謝しています。
店を出てちょっと歩けば仲の良い知り合いとばったり会うなんてよくあることで、もうすっかり西葛西が地元になってますね。『西葛西なくして、きん家なし』です。


私の持論ですが、『食事というものは楽しいものでなくてはいけない』、『ハッピーな時間でなくてはいけない』と思っているんです。
きん家ではそんな食事をとことん楽しんでもらいたいと思っています。
美味しいものをたくさん食べて、笑って、楽しんで元気になって帰っていただく。
これがきん家のポリシーです。

2010年9月6日 きん家にて

このエントリーをはてなブックマークに追加