生活雑学

葛西・西葛西の地域情報サイト

六曜

六曜(ろくよう・りくよう)は、暦注の一つで、先勝(せんしょう)・友引・先負(せんぷ)・仏滅・大安・赤口(しゃっこう)の6種をいう。

日本では、暦の中でも有名な暦注の一つで、一般にカレンダーや手帳にも記載されていることが多く今日の日本においても影響力があり、「結婚式は大安がよい」「葬式は友引を避ける」など、主に冠婚葬祭などの儀式と結びつけて使用されている。

続きを読む

十干(じゅっかん)

10日単位での呼び方を旬(じゅん)といいます。
月を10日単位で分けて呼ぶと上旬・中旬・下旬。
その一日ごとの呼び方を十干と言います。

十干
じゅっかん こう おつ へい てい こう しん じん

陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)

古代中国の哲理で一切の万物は陰・陽二気によって生じ、五行中『木・火』は陽、『金・水』は陰、『土』は中間にあるとし、
これらの消長によって天地の変異・災祥、人事の吉凶を説明する。陰陽道。
木から火を、火から土を、土から金を、金から水を、水から木を生ずる事を相生(そうしょう)と言う。
また、木は土に、土は水に、水は火に、火は金に、金は木に剋つ(かつ)を相剋(そうこく)と言う。
これらを男女の性に配し、相生のもの相合すれば和合して幸福あり、相剋のもの相対すれば不和で災難が来るというもの。

陰陽道 中間
五行説
きのえ ひのえ つちのえ かのえ みずのえ
きのと ひのと つちのと かのと みずのと

十干と合わせると以下の様になります。

十干
じゅっかん こう おつ へい てい こう しん じん
五行説 木の兄 木の弟 火の兄 火の弟 土の兄 土の弟 金の兄 金の弟 水の兄 水の弟
読み きのえ きのと ひのえ ひのと つちのえ つちのと かのえ かのと みずのえ みずのと

十二支(じゅうにし)

十二支は方位や時間や月などに用いられてきました。

十二支
読み うし とら たつ うま ひつじ さる とり いぬ
対応月 十一月 十二月 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月


十干に五行をあてはめたと同じように、十二支にも五行が下表のようにあてはめられています。

十二支
五 行

六十干支(ろくじゅっかんし)

長い月日を考える場合の単位として用いたようです。
十二支と十干とを組み合わせることによって、60の組み合わせが出来ます。これを六十干支と呼び、古くからこれを年や日に割り振ることによって、その年や日付を示してきました。
明治の改暦(下記)のように古い時代の記録などを調べる場合、しばしば「改暦」と呼ばれる、暦の計算方式の変更があり、改暦前後で、何日か日付が無くなってしまう(あるいは増えてしまう)ようなことがあります。
「××年○○日」と書かれていても、それがどの年月日を表すのか不明な場合があります。
しかし、この点六十干支の組み合わせによる年や、日の表し方は、実際の年数、日数と直接結びついているため、増減することがありません。
例えば、明治の改暦によって、明治5年12月2日(壬子)の翌日は明治6年1月1日(癸丑)となり、
日付が連続しませんが、六十干支は連続しています。
60歳を「還暦」と言うのはこのためです。

続きを読む

方位や時刻

干支は、時刻や方位、角度を表すのにも用いられます。
時刻の刻は2時間を指します。

十二支
読み うし とら たつ うま ひつじ さる とり いぬ
対応月 十一月 十二月 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月
四季
五行説
時間 1時 3時 5時 7時 9時 11時 13時 15時 17時 19時 21時 23時
方向     西            

雑学

正月の年賀などに『新春の・・・』などと使うのは旧暦では1月が春だからです。

夜中の零時は正子(しょうし) お昼の零時は正午(しょうご) と書きます。

甲子園球場の由来
高校野球の熱戦で有名な「甲子園球場」は大正13年8月1日に完成しました。
この年は、奇しくも十干十二支の最初の年である「甲子(きのえね)」の年で、縁起の良いこの年にちなんで、球場の付近一帯を甲子園と名づけ、球場名を「甲子園球場(当時は甲子園大運動場)」としました。

草木も眠る丑三つ時・・・
丑の刻とは午前1時から3時までの頃をいいます。
その2時間を4つに分け、三番目という意味が丑三つ時です。午前2時から2時半の頃です