葛西・西葛西の地域情報サイト

六曜(ろくよう・りくよう)は、暦注の一つで、先勝(せんしょう)・友引・先負(せん...

六曜

このエントリーをはてなブックマークに追加

六曜(ろくよう・りくよう)は、暦注の一つで、先勝(せんしょう)・友引・先負(せんぷ)・仏滅・大安・赤口(しゃっこう)の6種をいう。

日本では、暦の中でも有名な暦注の一つで、一般にカレンダーや手帳にも記載されていることが多く今日の日本においても影響力があり、「結婚式は大安がよい」「葬式は友引を避ける」など、主に冠婚葬祭などの儀式と結びつけて使用されている。

先勝(せんしょう・さきかち)

「先んずれば即ち勝つ」の意味。かつては「速喜」「即吉」とも書かれた。万事に急ぐことが良いとされる。
「午前中は吉、午後二時より六時までは凶」と言われる。

友引(ゆういん・ともびき)

「凶事に友を引く」の意味。かつては「勝負なき日と知るべし」といわれる。
「朝は吉、昼は凶、夕は大吉。ただし葬式を忌む」と言われる。
葬式・法事を行うと、友が冥土に引き寄せられる(=死ぬ)との迷信があり、友引の日は火葬場を休業とする地域もあるようだ。
六曜は仏教とは関係がないため、友引でも葬儀をする宗派(浄土真宗)がある。
火葬場での友引休業を廃止する自治体も増えている。
逆に慶事については"幸せのお裾分け"という意味で、結婚披露宴の引出物をこの日に発送する人もいる。

先負(せんぷ・さきまけ)

「先んずれば即ち負ける」の意味。かつては「小吉」「周吉」と書かれ吉日とされていたが、字面に連られて現在のような解釈がされるようになった。
万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされる。
「午前中はわるく、午後はよろしい」ともいう。

仏滅(ぶつめつ)

「仏も滅するような大凶日」の意味。
この日は六曜の中で最も凶の日とされ、婚礼などの祝儀を忌む習慣がある。
この日に結婚式を挙げる人は少ない。そのため仏滅には料金の割引を行う結婚式場もある。
他の六曜は読みが複数あるが、仏滅は「ぶつめつ」としか読まれない。
字面から仏陀(釈迦)が入滅した(亡くなった)日と解釈されることが多いが、本来は無関係である。
釈迦の死んだ日とされる2月15日が旧暦では必ず仏滅になるのは、偶然そうなっただけである。
「何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい」ともいわれる。
また『物滅』として「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」とされ、「大安」よりも物事を始めるには良い日との解釈もある。

大安(たいあん・だいあん)

「大いに安し」の意味。六曜の中で最も吉の日とされる。
何事においても吉、成功しないことはない日とされ、特に婚礼は大安の日に行われることが多い。
また、内閣組閣も大安の日を選んで行われるという。
しかし、本来はこの日に何も行うべきではないとする説もある。

赤口(しゃっこう・せきぐち)

陰陽道の「赤舌日」という凶日に由来する。六曜の中では唯一名称が変わっていない。
午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、それ以外は凶とされる。
この日は「赤」という字が付くため、火の元、刃物に気をつける。つまり「死」を連想される物に注意する日とされる。
「万事に用いない悪日、ただし法事、正午だけは良い」と言われる。

六曜の求め方

計算のあまりによって「六曜」を求めることができる。なお「月」「日」には旧暦をあてる(下記参照)。
計算式 (月+日)÷6=答え+余り

余り
0
1
2
3
4
5
六曜
大安
赤口
先勝
友引
先負
仏滅

計算式の例

旧暦 計算式   余り 六曜
1月1日 1+1=2  2÷6=0.3 = 0 2 先勝
11月20日 11+20=31 31÷6=5   1 赤口

旧暦の各月の1日は以下のように決まっている

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
先勝 友引 先負 仏滅 大安 赤口 先勝 友引 先負 仏滅 大安 赤口

旧暦は基本的には1ヶ月を30日位と想定している。(360日/年)
平年の1年間は354日程度
閏年の1年間は384日(30日多い)程度
閏年を2.715年に1回入れれば、平均暦年と平均回帰年が一致する。
実際に行われた置閏法には、8年に3回、19年に7回(メトン周期)、76年に28回(カリポス周期)などがある。

このエントリーをはてなブックマークに追加