江戸川区関連のニュース

江戸川区地域情報サイト パソコンで散歩in葛西・西葛西

茨隆太郎選手、髙岡里吏選手が江戸川区スポーツ特別栄誉賞受賞

第23回夏季デフリンピック競技大会サムスン2017(トルコ)でメダルを獲得した茨隆太郎選手(水泳)と髙岡里吏選手(卓球)に「スポーツ特別栄誉賞」が授与されました。

今回のデフリンピックで、茨選手は男子200m個人メドレーなど 3 種目で銀メダル、男子400m個人メドレーなど 3 種目で銅メダルを、髙岡選手は女子団体戦で銅メダルを獲得しました。

江戸川区スポーツ特別栄誉賞とは

江戸川区スポーツ特別栄誉賞とは国際大会において、特に優秀な成績を収めた区民などに対し、区民の誇りとしてその功績をたたえ顕彰するものです。

デフリンピックとは

デフリンピックとは、「ろう者(Deaf)+オリンピック(Olympics)」の造語で、4年に1度、世界規模で行われる聴覚障害者のための総合スポーツ競技大会です。年々参加国が増え、70カ国ほどが参加しています。

江戸川区社協の福祉活動のご紹介

社会福祉協議会(社協)は、様々な福祉活動を推進する民間の自主的な組織です。
財源は、多くの方々の寄附金と会員会費、そして区からの補助金です。

賛助会費は社協が地域福祉活動を推進して行く上で、大きな支えとなる財源として、障がい者の方や熟年者の方などの事業に使われています。

江戸川区社協の福祉活動の一部をご紹介します。

問合せ・申込はこちらまで
132-0031 江戸川区松島1-38-1グリーンパレス1階〒
社会福祉法人 江戸川区社会福祉協議会
03(5662)5557 503(3654)2940

安心生活センター

安心生活サポート事業
判断能力が十分でない方を対象に、ご本人と社会福祉協議会が契約を結び、福祉サービスの利用手続きや銀行での払い戻し、支払いなどをお手伝いします

成年後見制度利用相談事業
成年後見制度とは、意思判断能力が低下した方の財産管理や身上監護を、法的に権限を与えられた代理人(成年後見人等)が行う仕組みです。成年後見人等の選任に必要な家庭裁判所への申立が円滑に行えるように支援します

苦情解決相談事業
福祉サービスに対する苦情に対して、苦情解決委員が中立公正に対応します。(介護保険法及び障害者自立支援法に基づく福祉サービスは除きます)

愛の杖贈呈

60歳以上の区民の方で足腰が弱った方に社協に寄せられた寄附金を財源に歩行補助用の杖を差し上げています。
杖は区内22ヶ所で受取ることができます。

  • 江戸川区社会福祉協議会
  • くつろぎの家
  • なごみの家(小岩・松江北・長島桑川・鹿骨)
  • 区内 8 か所の健康サポートセンター
  • 8 か所の熟年相談室(地域包括支援センター) ・泰山・江戸川区医師会・医師会一之江・小岩ホームウエル江戸川・第二ウエル江戸川・暖心苑船堀・江戸川光照苑

ハンディキャブの貸出

車椅子を使用する方が、通院や社会参加等の移動手段として車椅子ごと乗車できる軽自動車のハンディキャブを貸出ししています。

車椅子の貸出

江戸川区在住の方で車椅子が一時的に必要なとき無料で貸出を行っています。退院後の療養や通院の往復、散歩や買い物、骨折やけがでの利用や、田舎から高齢の親が出てくる時なども利用可能です。貸出期間は 1 日~30日程度

生活福祉資金貸付

所得の少ない世帯、障がい者や介護を要する高齢者のいる世帯に対して、生活の安定と経済的自立を図ることを目的に、使途目的別の資金の貸付と必要な相談支援を行う制度です。資金種
類ごとに条件・基準が定められています。まずはご相談ください。

江戸川区出身の長野風花さん U-17日本女子代表として世界2位に貢献

江戸川区出身の日本女子サッカー代表キャプテン、長野風花さんが、FIFA U-17女子ワールドカップヨルダン1016で日本女子サッカーが準優勝し世界2位になったことに貢献。
大会MVPにあたる「ゴールデンボール」も獲得しました。

長野風花さんはキャプテンとして今大会の全試合に出場。今後のさらなる活躍に期待です。