西葛西駅前の鳥の大群

西葛西駅前は夕方になると大量の鳥が集まってきます。窓を閉めていても鳴き声がすごいのでよくわかります。
駅前は鳴き声だけでなく糞害がとてもすごいので、ベンチには座れなくなってしまいました。

この鳥、実はムクドリで、もともと害虫を食べてくれる益鳥だとのことです。しかしあり得ないほどの大群で西葛西駅周辺ではとても迷惑しています。

江戸川区の対応としては、駆除、追い払いのしようがないとのことで、今後は駅前のベンチの清掃をして対応していくそうです。もし西葛西駅のクスノキから追い払ってしまうと、マンションやビルなどに分散してしまい、そこでの糞害などが発生してしまうことと、それに関しては区では対応できないことが現状維持の理由のひとつでもあります。

西葛西駅に集まってしまう原因としては、千葉のほうにいたムクドリたちが西葛西周辺にも分散して集まってしまったこと、駅前のクスノキのように常緑樹に安定して住み始めてしまったことを挙げています。
日中は清新町、臨海町で餌を取っているようですが、夜になると寝るために駅前に集まります。

ムクドリの被害については西葛西だけでなく全国で問題になっていますが、追い払う手立てがないため、どこも苦戦しているようです。何かよい案があれば対応していくとのことです。また、駅前の清掃の回数を増やして対応していくそうなので暫くはムクドリと共生していくしかなさそうです。