パソコンで散歩in西葛西

十六羅漢像 海岸の岩に彫られた22体の仏像などの名勝

十六羅漢像 海岸の岩に彫られた22体の仏像などの名勝

遊佐町のJR東日本羽越本線の吹浦駅から西北に約1Kmの海岸にあります。
吹浦は、もともと漁村だったところで、多くの漁師が日本海の荒波に命を失ってきたのに胸を痛めた、海禅寺の第21代住職寛海和尚が、海難事故による諸霊の供養と海上の安全を祈り、衆生を救わんと、羅漢の造仏を念願して、発願したのが元治元年(1864)だったそうです。
 寛海和尚は、自ら近村はもちろんのこと、酒田まで托鉢して勧化につとめ、また一方で、升川の石工たちを指揮督励して刻苦し、明治元年(1868)ようやく22体の磨崖仏を完工しました。
16の羅漢に釈迦牟尼、文珠、普賢の両菩薩、観音、舎利仏、目蓮の三像をあわせて22体といわれています
http://www.town.yuza.yamagata.jp/Files/1/6006/html/%E5%8D%81%E5%85%AD%E7%BE%85%E6%BC%A2.htm

鶴岡市観光のトップへ戻る